ページトップ

トピックス

『壁』の仕上げ方

2021.12.07

珪藻土・漆喰・壁紙(クロス)について


【珪藻土】(けいそうど)

「珪藻土」は、海や湖に生息していた植物性プランクトン(藻類)の化石が泥と一緒に堆積し岩石化したものです。
「珪藻土」には硬化させるための“つなぎ”成分が入っていますが、主成分の珪藻土自体が少ししか入っていなくても、「珪藻土」として販売されている場合もあります。
 せっかくの自然素材の特徴やメリットも薄れてしまいますのでご注意です。
※主成分の珪藻土が多いほど、土っぽい色(濃い)になります。

「珪藻土」は”呼吸する壁”と言われています。吸放湿の性能を持ち、ホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着します。
 特徴として、多彩な模様付けが可能で白からビビットカラーまで豊富な色が魅力です。

コテやスポンジ、ほうきで模様を入れてオリジナル壁を作ることができます。

【漆喰】(しっくい)

「漆喰」は、石灰岩を低温焼成することで消石灰化させ、それを水と混ぜ合わせ熟成させることでつくる塗り壁材です。
「漆喰」は日本古来から使われているバランスのとれた塗り壁材です。調湿効果だけでなく、石灰の殺菌作用による防カビ性や火災時に有毒ガスを発生させないことが再注目されています。
細菌やウィルス、カビに対して抵抗効果を持つことはシックハウス症候群の対策としては非常に効果的です。また、「漆喰」は強アルカリの性質を含むので消臭効果が期待できます。

漆喰は白くてフラットな壁だけではなっく、コテ模様など凹凸のある仕上げも多彩に出来ます。また、様々な素材を加えることでオリジナル壁も作ることが出来ます

【クロス】

壁紙は様々な種類があります。
・ビニール壁紙
・織物壁紙
・オレフィン壁紙
・珪藻土壁紙
・紙クロス
・木質系壁紙



 自然素材は壁紙に比べて高価ですので、ゲストを意識して玄関・廊下・洗面室・リビングだけ自然素材を使用して、他の各居室などは壁紙クロスにするなど素材を使い分ける工夫すればコストは抑えられます。また、壁紙クロスを使用する場合、1面にアクセント柄を使うことで、その部屋自体が引き立ちます。多少センスがいりますが・・・。