ページトップ

トピックス

人気のリビング階段

2021.12.17

リビング階段のメリットとデメリット


 階段は、設置する場所やスタイル、材質によって住宅の雰囲気や使い方が大きく変わります。
 リビングにある「リビング階段」や玄関付近にある「ホール階段」など様々なスタイルがあります。
 せっかく建てるマイホーム、家族が長く集うリビングでの暮らしやすさを考えることも重要なポイントです。
 リビング階段のメリットやデメリットをしっかり把握して、後悔のない住まいづくりをめざしましょう。


|リビング階段の魅力とは

 リビング階段には、階段が丸見え状態の「オープン階段」と周りが壁に囲まれている「ボックス階段」の2種類があります。利用方法はどちらも同じですが、デザインやおしゃれさに大きく違いが現れます。


〇オープン階段とは

 オープン階段とは、階段の踏み板が丸見えで”スケルトン階段”などと言われている階段のスタイルです。
 「オープン階段の魅力」は、デザイン性とおしゃれ感の高さです。
 リビングにオープン階段を計画することで、視界に広がりを感じ、圧迫感を感じさせない広々とした間取りを実現することも可能です。また、リビングと合わせることでオブジェのようにインテリアを飾る効果もあります。

風や光を遮らない”構造となっていますので、オープン階段設置側の壁に高窓を設置しても光を遮らずリビングに届かせることができるので、家全体に明るさを求めた住まいを取入れたい方にはおすすめです。

「オープン階段のデメリット」として、”安全性の不安”があります。
壁がなくスケルトンですので、小さなお子様やペットがいるご家庭では、ふとしたきっかけで落下事故につながる可能性があります。
 対策として、ネット防護などの安全性を確保するための工夫が必要です。

<転落防止安全ネット>

〇ボックス階段とは

 ボックス階段とは、階段の両側面が壁に接しており”箱状”になっています。
 「ボックス階段のメリット」として、壁の中の構造材で支えられている安全性の高い構造となっています。
 オープン階段は縦に長いスペースを上り下りする”直階段”が多く用いられているのに対して、ボックス階段では、壁をうまく活用することで、かね折れ階段や折り返し階段など幅広い種類の階段をセレクトすることができます。
 また、階段下の空間を活用して収納スペースを計画するこができます。選ぶ階段により間取りや使い勝手にも変化をあたえます。

「ボックス階段のデメリット」としては、デザイン性やおしゃれ感がさほど高くないところです。また、壁が外からの光を遮るのでリビングに届きにくいです。

<かね折れ階段は、途中でL字型に折れているタイプで、踊り場があります>
<折り返し階段は、かね折れ階段とよく似ていますが、L字型ではなくU字型に折れているのが特徴です>

 階段のスタイルや種類の違いで、デザイン性・安全性・快適性など大きな違いがありますので、ライフスタイルや家族構成に合った階段を選ぶことが重要です。


|リビング階段のデメリット

①プライバシーの確保が難しい

 確かに家族の集まるリビングを通ることで、コミュニケーションが取りやすいですが、夫婦喧嘩や親子喧嘩、サプライズイベント(誕生日会やクリスマスなど)など、時にはコミュニケーションを取りたくないこともあるでしょう。また、今であれば「コロナの感染症対策で居室の分離」となった場合、ホール階段より対応しずらい場面もあるでしょう。

②音やニオイが2階に上がってくる

 従来の住宅スタイルは、ホール階段が主流でしたので帰宅後まず家族と関わることなく、自分の居室へと向かうことができてました。音やニオイなどの影響を受けにくい間取りとなっていました。
 リビング階段の場合、リビングは家族が集う空間となるため、どうしてもにぎやかになります。会話(音)や料理(ニオイ)はリビング階段を介して2階へ伝わりやすくなってしまいます。
 したがって、ライフステージを考えて、お互いのプライバシーを重視したいと考えている方は、「ホール階段」を検討することも方法のひとつです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-110.png

③冷暖房効率が下がる可能性

 現在では断熱性や気密性といった建物性能が飛躍的にアップしているため、以前よりも寒さを感じにくい住まいとなっています。しかし、ホール階段と比較すると「冷暖房効率が下がる可能性」は高くなります。
 そのため、建物の計画段階でサッシやドアなどの開口部などの性能について検討しておくことが重要です。


 これから先、長く暮らす住まいづくりですので、デザイン性やおしゃれ感だけにこだわらず、ライフステージを考えながら進めることも重要です。