ページトップ

お知らせ

住宅ローン控除残高証明不要に!

2021.12.01

年末調整簡素化へ


政府・与党は、住宅ローンを組んだ方を対象とする住宅ローン控除の年末調整を簡素化する方針を固めた。
金融機関が発行する「年末残高証明書」を会社員らが勤め先に出す手続きを不要とし、税務署から届く「住宅ローン控除申告書」だけを提出するように改める。
12月上旬にまとめる2022年度の与党税制改正大綱に盛り込む。


住宅ローン控除は、年末時点のローン残高の1%相当を所得税や住民税から控除できる制度。
税負担は毎年最大40万円減る。住宅を購入した年は確定申告が必要だが、2年目以降は年末調整で控除が受けられる。


これまで会社員らは、年末残高証明書と住宅ローン控除申告書の2通を勤め先に提出してきたが、金融機関が年末残高を記載した書類を直接、税務署に送る形に見直す。税務署は金融機関から受け取った情報を控除申告書に記載し、会社員らに交付する。会社員らは年末調整でその控除申告書を勤め先に提出する。


2022.12.1 読売新聞の記事より