ページトップ

トピックス

住宅購入時の諸費用

2022.01.10

住宅購入にかかる諸費用はどれくらい?


住宅ローンセミナー | 自然素材で作る新築の家【無垢スタイル ...

 住宅購入時に必要な諸費用は、購入した住宅種別や物件価格、住宅ローンの借入額により異なります。
 諸費用には、ある程度抑えられたり不要な費用もありますが、不動産取得税や印紙税、登録免許税などの税金関係や銀行の融資手続き費用など、必ず支払わなければならない費用がほとんどを占めています。


|住宅購入時に必要な諸費用

住宅の購入には販売価格だけでなく、様々な「諸費用」がかかってきます。

<物件と住宅ローンに必要な諸費用の種類と金額の目安>


|購入する不動産の種別で諸費用は異なる

<住宅種別ごとの必要な諸費用一覧>

※条件等により異なる場合があります。

◯住宅種別ごとの購入時にかかる諸費用の目安

※条件等により異なる場合があります。

建売住宅・中古戸建・中古マンションの場合は、6~9%前後が必要となります。
例:物件価格2000万円の場合→120万円~180万円程度
  物件価格5000万円の場合→300万円~450万円程度

注文住宅・新築マンションの場合は、3~6%前後が必要となります。
例:物件価格2000万円の場合→60万円~120万円程度
  物件価格5000万円の場合→150万円~300万円程度


|まとめ

・住宅購入の資金計画は、諸費用を含んだ計画が大事
・諸費用の目安として・・・
 注文住宅・新築マンション:物件価格×3~6%
 建売住宅・中古住宅:物件価格×6~9%
・住宅種別によっては不要な費用もある
・住宅購入時(引渡し時)の諸費用支払いは現金払いが多い